胸が小さい事で困る事は数多くあると思います。

胸が小さい事で困る事は数多くあると思います。
その中で、最近私が一番大変だったこと。
それは、乳がんの検診。
マンモグラフィーです。
40歳を迎えた私に、乳がんの無料検診の案内が来ました。
乳がんは気になって受けてみたいと思ってはいましたが、胸の小さな私は、人前で、胸を見せるのがイヤ。
それが、たとえ病院の先生であったとしても。自分の為であったとしても。
悩みましたが、無料だし、一度は受けておいた方がいいかも。
そう一大決心をし、検診を受けました。
それまで、乳がん検診に対して、あえて興味をもたなかった私は、マンモグラフィーとは、胸のレントゲンを撮るだけと思っていました。
でも、病院へ行ってビックリしました。
ただ、撮影するだけではありません。
板のようなもので挟んで撮影するのです。
小さな私の胸を挟むのはとても大変な作業です。
大きな胸にバストアップ!を受講している私としてはかなり恥ずかったです。
レントゲンを撮られる方は、こんな苦労をしたのは初めてです。
とゆうような困った顔をして悪戦苦闘。
私も大変です。
とってもとっても痛いのです。
大きい人はどこまで痛いと感じられるのか分かりませんが、私は本当に痛かったのです。
しかも、やっと撮ったレントゲンは、うまく撮れていなかったようで、撮り直し。
撮影が終わった頃には、私は気分が悪くなり、しばらくベットで横にならせてもらいました。
先生との診察では、レントゲン写真では、乳腺ばかりが写っていて、がん細胞は見つけにくいとのこと。
なので、エコーのようなものでも、検査されました。
痛い上に見つけにくい。
困ったものです。
これから、歳を重ねていく上で、乳がん検診はしたいのですが、その度に、あの痛い思いをしなければならないのかと思うとゾッとします。
胸の小さな人の為の、乳がんの検診方法を、誰か考えてほしいです。

生理前の体調不良

普段からPMSが酷く、生理前には必ず食欲不振、腹痛、腰痛、倦怠感などの症状が現れます。生理中の時のような裂かれるような鋭い痛みではありませんが、腹と腰が重くなり1日中じんわりと痛み続けます。痛みから体を動かすのも億劫で、また倦怠感や眠気も出るので、PMSの症状が出ている時は仕事がとても辛いです。また食欲もあまり起こらず、普段食べている量の半分も食べることができないということがざらにあります。腹や腰の痛みは市販の鎮痛剤で和らげていますが、他の症状も合わせてあまりに体調が優れない時は1日ずっと寝込んでしまうこともあります。また、生理前にはフェイスラインに必ず吹き出物がぽつぽつと現れ、肌の調子もあまりよくありません。
あまりにきつい時があるので、ホルモンバランスを改善するという漢方が入った市販の薬を飲んでみました。このサイトにて購入しました。PMS生理痛症候群。痛みに効果はあまり見られませんでしたが、倦怠感や眠気などは少しずつですが改善されたように思えました。また大人ニキビのほうは、薬が合っていたのかあまり出なくなりました。まだ薬を続けて2ヶ月ほどですが、まだまだじっくり飲み続け体質を改善していけたらと思っています。

ジーナシスのノーカラーロングカーディガン

今まではジーナシスのMA-1を着る機会が多かったのですが、最近暖かくなってきたので少し薄手のものを買おうと思っていたところ、一目ぼれして買ったのがこのWフェイスノーカラーロングカーディガンです。ブランドファッション口コミサイト。グレー・ベージュ・ネイビーの三色がある中で私はベージュを選びました。薄いといっても適度な厚みがあるので少し肌寒い時にも着れるので万能アイテムです。首の部分がノーカラータイプなのであごのラインがきれいに見えてスッした印象になるので、丸顔の私に会っていてとてもいいです。最近はスキニーのパンツに白のトップスを合わせた春コーデを楽しんでいます。太もももカバーできるので足が気になる方にはとてもおすすめだと思います。若干袖が短く感じ、ゆるっとしてる分肩幅が大きく見えてしまうのが少し気になる部分ではありますが、全体的には全く問題なくデザインも可愛く機能面でも優れているので私は買って正解だったと思います。

おしゃれはしたいけれど子育てに忙しく、なかなか服を手にとって選べないときに福袋を購入しました。

おしゃれはしたいけれど子育てに忙しく、なかなか服を手にとって選べないときに福袋を購入しました。インターネットのワールド通販で先行販売されていて、写真で中身を確認して選びました。
バックにリボンがついたニットのチュニックに水玉のスカートは、かわいらしいママファッションに活躍してくれました。これまで私が着ていた服とテイストが違うので、お店で一つずつ見たなら選ばないものでした。

時間が無いときの服選びにも役立ちました。

効率のよい引っ越し準備何から

引越し準備は何からしたらいいのか、迷う人は多いのではないでしょうか。だいたい学生や社会人の入学、入社の3月4月の引っ越しや、8月9月の転勤シーズンは多くの人が引っ越し準備で大忙しです。特に転勤は急遽きまることがおおいのであらかじめ準備が必要です。節約した転勤はこちらのサイトが役にたちます。業者に箱詰めから荷物運びまで全て任せる場合は、前もってほとんど準備することなくプロの仕事であっという間に手間なく終わります。しかし、料金が高くつくため、箱詰め箱開けなど自分で前もって準備できることは、業者に頼まず自分たちですませる人が多いです。とはいっても、仕事や毎日の生活をしながら引っ越しの準備を進めていくのは思っている以上に簡単なことではありません。まず最初におさえておきたいのは引っ越しの日取りが決まったら、業者に頼む場合は、自分にあった業者調べをすることです。事前に荷物の量や引っ越し場所の距離や間取りなどを確認して、いくつかの業者に見積もりを出してもらいます。インターネットなどの無料で見積もりを出してくれる所も多いので利用すると便利です。業者に頼まないで箱詰め箱開け、荷物の運搬など、すべて自分たちで行うことでコストを抑えたい人は、引っ越しトラックなどの貸し出しをしている業者に引っ越し日時を早めに伝え予約をしておくことが大切です。引っ越し日時が決定したら、引っ越し前日まで必要な身の回りの生活用品や最近着ている衣類などをさけて、普段使わない物から箱に詰めていきます。今の季節以外の衣類などは早めにまとめて箱詰めしておくとよいです。すべての箱には中身の内容が分かるようにマジックペンで書いておくとよいです。また、壊れ物などには必ず印をつけることで引っ越し中のトラブルを避けることができます。